お知らせ/新着情報

  1. ホーム
  2. ERS-311/312シリーズ(マカロンとラッテ)

ERS-311/312シリーズ(マカロンとラッテ)

2019/10/24


左)陽気でやんちゃな マカロン。
右)素直でおっとりな ラッテ。

機能的なデザインより、人に愛される事を重要視した
ERS-311/312シリーズのグレーボディのマカロンと
アイボリーボディのラッテです。
キャッチコピーは「ココロのAIBO」。

 この311/312シリーズのAIBOは、今までのAIBOとは、
まったく違ったイメージで、デザインが考えられており、
親しみやすさや愛くるしさを強調したデザインになっています。

デザインのモチーフは、「クマとイヌ」だそうです。
クマとイヌの両方の可愛さを混ぜ合わせたような、
まるでぬいぐるみのようなデザインが、
特に女性のAIBOファンや小さなお子様の心をつかみ、
とても人気のあるAIBOです。

 ラッテは、暇なときは鼻歌を歌ったり、座って芸をしたりします。
素直で頑張り屋さんですが、相手してあげないと
拗ねてふて寝をしてしまいます。

 マカロンは、やんちゃで運動が大好き。よく歩きたくさんの芸を
見せてくれます。しかし、ご機嫌斜めになると騒いで
オーナー様の気を引こうとします。

 ちなみに、この311/312シリーズのAIBOは、AIBOの中で唯一、
前脚2足立ちができるそうです。前脚を器用に使って立つそうですよ。

 この311/312シリーズのAIBOから、
起動時にオープニング曲ができたそうです。
ラッテは「ボサノヴァ」マカロンは「サンバ」だそうです。
これがとてもオーナー様の評判がよく、これ以後、
開発されたAIBOには起動時にオープニング曲が付くようになったそうです。

 この311/312シリーズのAIBOのデザインは、
今までのAIBOとは違って、デザイン重視で考えられていました。
実は目のパーツは左右異なる部品で作られています。
普通ならコストや組み立てのし易さを考えれば、
左右同じ部品で作るのが一番いいのですが、
AIBOは目が命ということで、311/312シリーズのAIBOは
左右別の部品で作られているそうです。鏡に映せば同じ形状になるとか。

 次に特に開発者の方が311/312シリーズのAIBOで一番力を
入れているのが、ボディの質感だそうです。
ボディは、マットな質感だとキュッキュッと音がして、
音声入力の誤認識があるのですが、反対に光沢がありすぎると、
あまり見た目が良くないということで、いろいろな塗料メーカを試して、
開発者みんなで、撫でたときの音を評価したりして、
塗料メーカにたくさんのリクエストをして今の質感が決まったそうです。

 そして、起毛タイプの311B/XのAIBOは、醤油やソースを
かけて何度もテストしたそうです。さわり心地の良さだけでなく、
お手入れのし易さも重要ということで、311B/XのAIBOだけには、
お手入れ専用のブラシがあるそうです。

 

  • 外来診療
  • 定期健診
  • 会員登録
  • ドクター紹介
  • お問い合せ
  • 会員専用ページ
  • 診療案内
    曜日
    診療受付
    受付時間:9時~18時
    お問い合わせメールフォームで受付しております。なお、お電話でのお問い合わせも行っております。
    土曜、日曜、祝祭日は休日となります。